夏のクーラー病、冬の暖房による乾燥

夏のクーラー病、冬の暖房による乾燥
夏には夏の、冬には冬の、薄毛リスクがあります。例えば夏のクーラー病です。
クーラー病は夏の気候に逆らって身体を冷やすことが主な原因で起こります。
外気温と室温の落差からくる自律神経失調症。空気の乾燥による頭皮ダメージなどが薄毛につながります。
冬には、寒気による血行不良や乾燥がもともと発毛力を弱めるうえ、暖房が乾燥と皮脂分泌過剰を促進し、薄毛につながります。
乾燥してキメが乱れた頭皮は免疫力が低下するので、過剰に分泌された皮脂を栄養源として雑菌が繁殖した時のリスクも高くなります。

確実に薄毛を予防したいと考える方には、セルフケアではなく、きちんと原因を調べ、症状や体質に応じた治療方法を選定できる「発毛治療」が必要です。

なぜセルフケアではいけないのか

なぜセルフケアではいけないのか
乾燥によって頭皮が皮脂過剰に陥っているとき、本人が自覚できるのは「頭皮が脂っぽい」という感覚です。
脂っぽいと感じたら洗いますよね?
脂っぽいと感じるほど「しっかり洗う」はずです。
しかし、皮脂を取り去れば頭皮はよりいっそう乾燥し、さらに活発に皮脂を分泌するようになります。
このように、実感に基づくセルフケアは頭皮環境を悪化させる可能性が大きいのです。

将来脱毛症(薄毛)になるのではないかと不安を抱えている方、発毛力を失いたくない方、健やかな発毛力を守りたい方には、早めに発毛治療を始めることをおすすめします。