冬の乾燥は発毛の大敵!薄毛対策に頭皮の保湿を

冬の乾燥は発毛の大敵薄毛対策に頭皮の保湿を
気温が下がる冬。
日本には4つの季節がありますが、中でも冬は最も湿度が低下する季節です。
それは同時に、頭皮が乾燥して薄毛になりやすい季節ということでもあります。
発毛力を健やかに維持し、悩みのない頭皮を守るためには冬の乾燥対策が欠かせません。

薄毛の不安を抱えていらっしゃる方、将来の薄毛を予防したい方に、冬の基礎的な乾燥対策をご紹介します。

頭皮の乾燥対策、日ごろのお手入れから見直そう

頭皮の乾燥対策日ごろのお手入れから見直そう
薄毛対策、発毛力維持と言えば、育毛剤と思われるかもしれません。
しかし、育毛剤では乾燥対策には不十分です。
まず必要なのは日常的なお手入れの見直しです。入浴時のシャンプー、コンディショナーなどの使い方を思い出してみてください。特に意識せずにパパっと終わらせていませんか?

冬場は冷えますから、暑い温度のお湯で洗ってしまう方も多いと思います。
頭皮の油分は38℃以上の温度で洗うと「取れすぎてしまう」ため、翌日により大きなダメージを負う原因になります。
頭部についてはぬるいと感じる程度の温度で洗うようにしましょう。
シャンプーの量は少なめで、必ずしっかり泡立ててから髪の毛に乗せ、「泡で洗う」ことを心がけてください。
また、朝になってからの入浴はできるだけ避ける必要があります。洗髪したばかりの頭皮は乾燥への耐性が低くなります。
入浴、洗髪は夜に済ませ、しっかり乾燥させてから眠るようにしてください。

脱毛症は間違ったセルフケアで悪化するケースが多いので、セルフケアでは不安な方、すでに薄毛の兆候が出ている方には発毛治療をおすすめします。