「夏」の対策しだいで秋の薄毛リスクが変わってくる

夏の対策しだいで秋の薄毛リスクが変わってくる
「秋バテ」という言葉をご存知でしょうか?
過酷な夏を乗り切ったからだに訪れる癒しの季節、秋。四季の中では最も過ごしやすい時期に当たりますが、近年は9月10月でも温暖化の影響からか真夏日を記録する日が少なくありません。
また、気温が不安定に上下するシーズンでもあるため、夏に蓄積した疲労がダメ押しされる形で一気に表出するケースがよく見られます。
これを「秋バテ」と呼ぶようになったのです。

発毛力は体力低下の影響を強く受けやすいものです。秋バテの度合いがひどければひどいほど、頭皮環境は薄毛へと傾いていくのだと思ってください。
発毛力に不安を感じている方は、これから始まる夏本番の過ごし方に注意しましょう。
秋バテは夏バテからの連鎖で引き起こされます。
いかに疲労をためずに夏を乗り切るか。秋の発毛力はそこにかかっているわけです。

気候に合わせた過ごし方を模索する

気候に合わせた過ごし方を模索する
夏バテ対策に「絶対」はありません。
どんなに手を尽くしても人は自然環境の中で生きるものだからです。そこで、気候に合わせて「自分なり」の過ごし方を模索する努力が重要となります。

例えば、野外で過ごす機会が多い方はなるべく直射日光を避ける工夫をすること。
帽子やサングラス、日傘を使用したり、それが難しければバンダナやスカーフ、タオルを使うのもいいでしょう。もしくは、スプレータイプの日焼け止めなどもおすすめです。
日ごろ日焼け止めを使わない男性でも、全身に吹きかけるタイプの日焼け止めなら使いやすいですよね。
通気性の高い素材の衣服を選び、発汗量に見合うだけの水分や塩分、栄養を摂ること。
食欲が落ちたら、食欲がないなりに食べられるものを探すこと。夏だからこそ、なるべく滋養のあるもの、おなかを冷やさない食べ物を取るようにしましょう。
塩分と水分の排出を助ける栄養素、カリウムも、不足しないように気を付けてください。

豊かな発毛力は健康あってこそ。体調に不安がある場合は医師に相談なさることをおすすめします。