夏は頭皮が大ピンチ!強烈な日差しが薄毛を招く

夏は頭皮が大ピンチ!強烈な日差しが薄毛を招く
日本は世界的に見ても珍しい「四季」がある国です。
春夏秋冬がはっきり分かれているため、四季折々の風景を楽しむ風土がはぐくまれたのでしょう。
冬には冬の、夏には夏の良さがあります。古典文学の中で女流作家が語っているように。

しかし、頭皮にとって夏の紫外線は大きな問題です。
もしもあなたが発毛力に不安を抱えているのだとしたら、何の対策もせずにいると確実に頭皮がダメージを受けることになります。

紫外線量が最も増える季節には対策アイテムを必携しよう

紫外線量が最も増える季節には対策アイテムを必携しよう
地上に降り注ぐ紫外線量を、人体への影響力に照らし合わせて数値化したものを「UVインデックス」といいます。
この数値によると、紫外線の影響は5月から8月にかけて年間最大になっており、特に7月から8月は冬の4倍近くと非常に危険な強度に達します。
強い紫外線を長期間浴び続けると、それだけで皮膚がんや白内障を発症するおそれがあるのです。
紫外線は表皮組織だけではなく、真皮層にまで達して組織を破壊します。
無防備に頭皮を紫外線にさらし続けるということは、目に見えないほど小さく深い傷を無数に受けることなのだと考えてください。
髪の毛を作り出す毛根も皮膚の一部ですから、頭皮が痛めばもちろん発毛力も低下します。
もともと発毛が心細くなりつつあった方については、紫外線の影響はよりいっそう顕著に表れるはずです。

7月8月の外出は必ず紫外線対策を講じることをおすすめします。また、室内でもガラス越しの紫外線に用心するようにしましょう。
「すでに十分紫外線ダメージを負ってしまった」という場合には、当院の発毛治療を検討してみていただきたいと思います。