女性の発毛力が低下する年齢を予測しておこう

女性の発毛力が低下する年齢を予測しておこう
発毛力が徐々に失われて頭皮が目立つようになる症状を脱毛症と言います。
臨床データに基づく脱毛症の研究が進んだ結果、男性に見られる男性型脱毛症のメカニズムが解明されるとともに、女性の薄毛リスクについても周知されるようになりました。
かつては「発毛育毛治療」と言えば男性のための医療行為だと考えられていたものですが、現在ではむしろ女性の方が発毛育毛治療を前向きにとらえる傾向があるほどです。

女性の薄毛は体内のホルモンバランスが大きく変化する時期に頻発します。
多くは40代、50代の更年期をきっかけに髪の毛の悩みを抱えるようになるので、これから更年期を迎える女性は頭皮環境のチェックを始めるといいでしょう。

薄毛チェックはストレスフリーで行うのがポイント


同じ様な体質の女性が二人いたとして、同じように歳を重ねても双方が必ず薄毛になるとは限りません。
例えばストレス、喫煙、飲酒などの環境因子の他に冷え性、女性ホルモンのバランスなどの薄毛リスク因子の有無が脱毛症発症のカギを握るからです。
薄毛のチェックは鏡で行うのが一般的ですが、この行為自体にストレスを感じるというケースもあります。
発毛力はちょっとしたストレスの影響でも低下する可能性がありますから、薄毛を気にしすぎてしまうという女性は医師など第三者にチェックをゆだねるなど、少しでも心身の負担を軽くする工夫をおすすめします。