冬の暖房によって頭皮は乾燥の悪循環へ

冬の暖房によって頭皮は乾燥の悪循環へ
冬は気温と湿度が下がる季節です。
人はある程度の体温を維持できなければ活動できない生き物です。
作業効率を保つ意味でも職場などでは暖房を使用する必要があります。
しかし、乾燥した空気を人工的に温めた空間は頭皮にとってあまりいい環境とは言えません。

そもそも、冬の空気によって頭皮が乾燥気味になっているところに乾いた温風を当て続けるわけですから、頭皮はなおさら乾燥します。
皮膚は自然な防衛機能として乾燥によるダメージを軽減しようと皮脂を分泌します。
乾燥すればするほど皮脂の分泌量を増やして、表面をカバーしようとするのです。
そして皮脂分泌が過剰になって毛穴がつまり、どんなに皮脂を分泌しても皮膚に行き渡らない状態になるわけです。
毛穴が詰まれば発毛力は低下します。悪循環がこの段階に到達したとしたら、治療せずに発毛力を回復させるのは難しくなるでしょう。

頭皮が「ジリジリ」「むずむず」するのが乾燥のサイン

頭皮がジリジリむずむずするのが乾燥のサイン
頭皮は髪の毛の土台です。
頭皮環境の悪化はすなわち発毛力の低下なのです。
冬に入ってフケが増えたという方、暖房の効いた空間で頭皮がムズムズしたり、ジリジリしたりする方は要注意。
それが乾燥のサインだということをぜひ覚えておいてください。

抜け毛の量は緩やかに増えていくので、「抜け毛が増えたな」と気付いた時にはもうすでに発毛力は大きく損なわれています。
乾燥する前に予防すること。乾燥のサインを見逃さないことを心がけていただきたいと思います。
ケアが間に合わずに抜け毛が増えてしまった場合には発毛治療をおすすめします。
予防的な発毛治療も可能です。薄毛の症状がまだ出ていない方でもできる対策はありますので、お早めにご連絡いただければ幸いです。