発毛育毛治療の必要性に気付くのはこんな時

発毛育毛治療の必要性に気付くのはこんな時なのか
一般的な「人間」の姿を思い浮かべるとき、最初から禿頭(はげ)の人物を思い浮かべる方がどれほどいらっしゃるでしょうか。
発毛は意識しなくても継続的に起こる現象です。
そのため、通常は髪の毛が生えているものだと認識されています。
例えば円形脱毛症をはじめとした病気、あるいはAGA(男性型脱毛症)などのような進行性の脱毛症でもないかぎりは、フサフサと豊かな髪の毛が頭の上に生えているのが「当然」なのです。
しかし、現実には誰にでも薄毛リスクはありますし、実際にAGAの症状が完成してしまっている方も少なくはありません。
 
それでもなお、薄毛症状を自覚するまで多くの方々が「自分は大丈夫」と思い込みがちです。
 

「自分は大丈夫」というファンタジーが崩れるとき

「自分は大丈夫」というファンタジーが崩れるときとは
思い込みは問題解決の大きな壁になります。ではどんな時に壁が崩れるのかというと、様々なシチュエーションが考えられます。
 
・他人の視線がやけに頭に注がれているように感じる
・防犯カメラに「ハゲが映っているな」と思ったら自分だった
・自分の若い頃の写真と現在の写真を並べて見て愕然とした
・髪型がうまく決まらなくなったと思ったら髪の毛が減っていた
 
発毛力は年齢を重ねるとともに低下していくのが通常ですが、それでもやはり自覚する際には誰もがショックを受けたと言っています。
つらいと感じるのが当然です。とはいえ、「気づき」こそが治療の第一歩でもあるので、もしご自身の薄毛に気付いた方は事実を前向きにとらえるようにしていただきたいと思います。