「土用の丑の日」にウナギを食べると…

「土用の丑の日」にウナギを食べると
日本には多くの方がこぞってウナギを食べる日があります。
皆さんご存知、「土用の丑(うし)の日」です。

古代中国から渡来した「五行」の思想では、土はあらゆるものの中間を意味します。
季節で言うならば立春、立夏、立春、立冬の前、18日間のことで、五行思想と日本の気候風土が融合するなかでさまざまな風習が生まれました。
十二支の丑にあたる日に、「丑」にちなんだ食べ物をたべて季節の循環を後押しする。
つまり夏のウナギは、五行の法則に従った儀式のようなものであると同時に、低下した体力を補って次の季節に向かうという実用的な意味が込められているわけです。

体力を補うウナギは発毛力にも好影響?

体力を補うウナギは発毛力にも好影響
ウナギは豊富なたんぱく質を含む食材です。また、発毛に欠かせない亜鉛などのミネラル、ビタミンもバランスよく含んでおり、体力向上に役立つと同時に薄毛対策としても一定の人気を誇ります。
「土用の丑の日」のウナギはきっと発毛力の支えになるでしょう。
発毛力の低下にお悩みの方は時流に乗ってみることをおすすめします。
ただし、近年はウナギの市場価格が高騰していますので、高品質なウナギにはなかなか出会えないかもしれません。
納得できるウナギを見つけられない場合には、牛丼でもすき焼きでも、豚の角煮でもなんでもいいので、「おいしい」と思えるもの、精のつくものを食べるようにしてください。