「毎日見ていると気付かない」不思議

毎日見ていると気付かない不思議
自分が薄毛になったらすぐにわかると思っていませんか?
もし本当にそうであるなら、なぜ薄毛を自覚できない人が目立つのでしょうか。
早期に発毛力の衰えに気付き、発毛治療を受ければ多くの薄毛は予防できていたはずです。
しかし、現実には「気が付いたら薄毛が進行していた」「いつのまにか薄毛になっていた」というケースがほとんどです。
その理由を、脳機能や認知能力の観点から解説します。

別の話題?いいえ、これは「発毛力の衰えに気付かない」のと同じ現象

別の話題いいえこれは発毛力の衰えに気付かないのと同じ現象
「子どもの成長は早い」と言いますよね。
特に乳幼児の成長速度は恐るべきものです。新生児の場合、出生から3か月で体重はほぼ2倍にまで成長します。
しかし、毎日子どもと接している周囲の人間はなかなかその成長を実感しにくいようです。
たまに会う間柄の人物のほうが子どもの変化に気付きやすいわけですが、この現象には多くの方が共感なさるのではないでしょうか。
ご自身にお子さまがいらっしゃる方、ご親戚にお子さまがいらっしゃる方、あるいは知人、友人のお子さまと会う機会がある方なら、実際に体験したこともあるかもしれませんね。

人は「以前との落差」で本能が刺激されるものなのです。
じっくり、時間をかけて徐々に変化してく対象はこのようにして人の認識をすり抜けます。
薄毛も同様です。ある日突然、いきなり髪の毛がすべて抜け落ちたら誰でも大騒ぎするはずです。ところが、脱毛症による薄毛は「徐々に発毛力が衰える」ために、「認識をすり抜ける」のです。

薄毛を予防したい方は、できるだけ早めに発毛診断を受けることをおすすめします。
薄毛はご自身が自覚しなくても「すでに始まっているかもしれない」ということを覚えておいてください。