「ヘアカラーは発毛力を低下させる」と分かっていても…

ヘアカラーは発毛力を低下させると分かっていても
海外では日本人女性というと「長い黒髪」のイメージがあるそうです。
そのイメージを抱いたまま日本を訪れた外国人の多くは、渋谷や新宿、池袋の風景を見てショックを受けます。
そしてこう叫ぶのです。「日本に来たのに黒髪がほとんどいない!」と。

特に若い男女のあいだでヘアカラーはごく一般的な「おしゃれ」になっています。
就職前の大学生に至っては大半が明るい髪色に染めているほどです。
いっぽうで、男性は20代前半ごろから薄毛の不安を口にするようになります。
ヘアカラーは髪の毛のキューティクルをもろくし、髪の毛内部の色素を破壊するほど強力な薬剤で、繰り返し使用すれば発毛力の低下につながることは明白です。

「髪の毛が黒いままだと暗くみられるから」

髪の毛が黒いままだと暗くみられるから
大学は多くの若者が集う場所です。
誰もが「優れた生徒に見られたい」「明るい人物だと思われたい」「高く評価されたい」と願っています。
そこで、まずは「暗い印象を与える髪色から変えよう」と考えがちなのです。

「黒髪は重い、暗く見えると言われた」という女性、少なくありません。
初対面の相手にとっては第一印象がすべてであるため、外見からどうにかしようというのはある意味正しい選択です。
ただし、頭皮環境にとってはリスクの高い行為です。

海外では、健康でつややかな黒髪はそれだけで「日本の美」を体現していると感心されます。
抜け毛がひどくなり薄毛に悩む方、健やかな頭皮を取り戻したい方は、大阪梅田中央クリニックがお手伝いをさせていただきます。