髪の毛が薄くなった、発毛力の低下は他人が最初に気付く

薄毛が相手に与える印象を変える
人は初対面の相手と出会った時、外見の印象でまず人物か判断します。
髪の毛は「若さ」や「健康」をあらわす重要な指標です。
1本1本の髪質が弱々しいだけでも不健康な印象を与え、老けて見られる原因になります。一説によると、髪型によって外見年齢は10歳ほども変わるのだとか。
「印象」は感覚的な情報であるためこのような数値にはそれほど根拠があるとは言えないかもしれません。
しかし、実際に黒く豊かな髪の毛と、細く白髪交じりの髪の毛を比べてみれば、どちらが若々しく元気に映るかは議論の余地さえないのではないでしょうか。
 

向かい合った「他人」は発毛力の低下を敏感に察知する

向かい合った「他人」は発毛力の低下を敏感に察知するのか
人間の視界には限りがあります。人によって範囲の広さは多少違いますが、どんなに広い視野を誇る人物でも自分の頭頂部は直接観察できないのです。
発毛力の低下、薄毛が頭頂部から始まる場合、「本人だけが発毛状況の変化に気付かない」という事態が頻発しています。
 
発毛力の低下が始まるのは、男性では20代後半、女性では40代ごろが多いので、薄毛を予防したい、進行を防ぎたいと考える皆さんは、その時期を目安に具体的な治療を計画することをおすすめします。
なお、睡眠不足や喫煙など、生活習慣の乱れが日ごろからある方はより若い時期から発毛力の低下が始まる可能性があります。
発毛状況の確認だけでも、早いうちに病院で相談しておくといいかもしれませんね。