薄毛を気にしすぎていつの間にか本当に脱毛症へ!

薄毛を気にしすぎていつの間にか本当に脱毛症へ
 
豊かな髪の毛は若さの象徴です。これは性別に関係なく、男女で共通する社会通念となっています。
しかし、現実には30代から発毛に不安を感じる男女が増えており、20代、あるいは10代の男女からも「いつか薄毛(脱毛症)になるのでは」と頭皮を気に掛ける声が上がるようになりました。
 
日本人男性の薄毛(脱毛症)発症割合は、全年齢平均でおよそ30%。
10人に1人が薄毛になり、そのまま放置していれば禿げてしまうというわけです。
対岸の火だと思わず「自分もそうなるのでは?」という疑いを持つのは賢明な心掛けと言えるでしょう。
ただし、むやみに気にしすぎるのも問題です。
 

ストレスは薄毛の主要な原因のひとつ

ストレスは薄毛の主要な原因のひとつ
日本臨床医学発毛協会によると「ストレス」は薄毛の主要な原因のひとつです。
「髪の毛が薄くなるのではないか」という不安そのものが薄毛リスクを高めるうえ、気にすれば気にするほど頭皮や髪の毛に触れる回数が増えたり、過剰に洗髪してしまったりというケースも考えられます。
精神的ストレスから頭皮への物理的ストレスが増え、頭皮が弱ると心理的ストレスが強くなってまた頭皮を構ってしまう、そうした悪循環から始まる脱毛症もあるのです。
 
男性特有の「男性型脱毛症(AGA)」については男性ホルモンが脱毛の主因となっていますが、それでもストレスによって発毛力が低下し、脱毛が加速する傾向は同様です。
薄毛が気になる方、発毛力を維持したい方は、ただ不安に耐えるのではなく「正しいヘアケア」についてリサーチなさることをおすすめします。