どうやって自分の薄毛に気付いた?男性編

薄毛を自覚することについて
 
男性は女性に比べて髪の毛に触る機会が少ないので、薄毛に気付くタイミングはどうしても遅れがちです。まずは男性が薄毛に気付くきっかけとして、よくある例をご紹介します。
・シャンプーの際に髪の毛の手触りが変わってきた
・抜け毛の量が増えた
・昔の写真と直近の写真を比較して
・髪の毛を以前と同じようにセットできなくなった
・初対面の相手に目ではなく頭を見られるようになった
・鏡を見て
・家族から指摘されて
男性は第三者的視点から自分の外見を眺める機会はなかなかありません。
そのため、男性が自身の薄毛に気付くチャンスは限られてしまうというわけです。
「自分は大丈夫だろう」と思っている男性。あるいは、薄毛の可能性を意識したことがない男性こそ、冷静に鏡に向かって頭髪チェックをするようにしていただきたいと思います。
 

薄毛の自覚は発毛育毛治療スタートの第一歩

薄毛の自覚は発毛育毛治療スタートの第一歩とは
薄毛を意識し始めたきっかけとして多くの男女が「鏡を見て」を口にします。
家族からの指摘を受けてという声もあるものの、治療の必要性をあるかどうか判断するのは自分自身です。
「自分が脱毛症を発症している」という自覚は、発毛育毛治療の必要性の発見でもあります。
どんなに家族から薄毛を指摘されても、本人が「まだ大丈夫」と思っている限りはそれほど脱毛症を意識しないものです。
 
発毛力の低下を認めるのは苦痛でしょう。しかし、そこが発毛育毛治療の第一歩となります。