「ヘアカラーは正しく使えば安全」という声もある

ヘアカラーは正しく使えば安全という声もある
髪の毛を染めるカラー剤は非常に強い薬品です。
市販のヘアカラーを自分で使った経験がある方はご存知かと思いますが、カラー剤の取り扱いには手袋の着用が必須です。
もしカラー剤が肌に付着すると、ただれなどの皮膚トラブルの原因になります。
髪の毛の内部には血管も神経も通っていません。「カラー剤が肌に付着しなければ大丈夫」とする方々もいらっしゃいますが、髪の毛と頭皮はつながっています。
髪の毛だけにカラー剤を塗布したとしても、洗い流す際にはどうしても頭皮に多少は薬剤の成分が接しますから、ヘアカラーによる頭皮環境の悪化、発毛力の低下は確実に起こると考えるべきでしょう。

頭皮トラブル!抜け毛が続く時はクリニックへ

頭皮トラブル抜け毛が続く時はクリニックへ
ヘアカラーによって頭皮トラブルが引き起こされた時は、焦らず病院を受診することが大切です。例えば頭皮のかゆみ、痛み、フケの増加、抜け毛の増加などがよくある症状です。
発毛力は頭皮トラブルが深刻化するほど弱っていきます。
頭皮トラブルの放置は自ら薄毛を招きよせる行為というわけです。

大阪梅田中央クリニックは男性だけでなく女性の発毛治療も承っております。これまでに髪の毛を染めた経験があるみなさま。気になる症状があればぜひ当院の発毛治療をご利用ください。