ウナギにはどんな栄養素があるの?

ウナギにはどんな栄養素があるの
土用のウナギが発毛力のサポートに役立つことをご存知でしょうか?
薄毛対策として最も有名な食材は貝類の「牡蠣」なのですが、夏バテ対策の王様、土用のウナギにも発毛に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。
ウナギの栄養素についてご紹介しますので、発毛力に不安がある方、将来の薄毛を予防したい方は、毎日の食事にぜひご参考になさってください。

優秀賞!体力不足を補うウナギの栄養価

優秀賞!体力不足を補うウナギの栄養価
ウナギに含まれる栄養素はタンパク質、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、鉄分、亜鉛、カルシウム、コラーゲン、EPA、DHAなどです。
これらの栄養素は脂質やタンパク質をエネルギーとして身体に取り入れるために重要な働きを担います。とりわけビタミンB群の役割を見過ごすわけにはいきません。
サプリメント業界では近年、体調不良を訴える多くの人々がビタミンB群の欠乏を背景に持っているのではないかと注目する動きがありました。
例えば、タンパク質をどれほど食べても、ビタミンB群が不足していれば髪の毛の合成には至らないのです。
また、どんなにカルシウムを含む食品を食べたところで、ビタミンDを摂取していなければ体内には吸収されず、意味をなさないでしょう。

うなぎは人体に必要な栄養素をバランスよく含んだ優秀な食品です。
価格が上昇気味なので手を出しにくいと感じていらっしゃる方が多いかもしれませんが、「体力が減退したな」「しんどいな」と思った時などに、自分へのご褒美として奮発してみるのもいいのではないでしょうか。
なお、ウナギの栄養素は身、骨、肝と、すべての部位に含まれています。身だけでなく、肝吸い、骨せんべいなども食べることをおすすめします。
かといってウナギばかりを食べることは、栄養の偏りにつながってしまいがちです。
発毛を意識した自分に足りない栄養を摂る、どうしても不足しがちな栄養はサプリメントなどで補ってみませんか?